アユモドキが絶滅するかも!?

  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • スタジアム問題トップへ
知一(ともかず): 天然記念物の魚が住んでいるって聞いたけど? 成宮まりこ: そう、もう一つの問題は環境の問題。 アユモドキという、国の天然記念物に指定され、絶滅の危険があるとしてレッドデータブックにのっている貴重な魚がいるんだ。
知一(ともかず): そんなに貴重な魚ならちゃんと対策するんでしょ? 成宮まりこ: 知事はそう言ってるんだけどね。 専門家の中では様々な指摘がされているんだよ。最近議会で知事に質問した浜田議員に聞いてみよう。 浜田さ~ん! 日本共産党京都府議 浜田よしゆき: は一い! 京都府は、環境保全のための専門家会議を作って議論をしてきたんだ。 その会議で「工事着工の了承を得た」と知事は言うんだけど、会議の中では「住民への説明」など、いろいろ意見や懸念が続出したんだ。 知事は「気を付けて進める亅と言うけど、アユモドキが絶減してからでは手遅れだからね。環境保全の立場に立てば、開発しないのが大原則。何がなんでも工事着工という姿勢はナンセンス!!
アユモドキが繁殖可能な河川
知一(ともかず): うわ~ 地図を見たら、前の予定地も新しい予定地も保全すべきエリアにドンピシャ! そもそも、「なんでこんなところに?」って感じちゃう。
アユモドキの絶滅危惧種指定の経過
1977年 国の天然記念物
1991年 国のレッドデータブックの絶滅危惧種(2017年現在絶滅危惧IA類(CR))
2002年 京都府レッドデータブックの絶滅寸前種
2004年 「種の保存法」に基づく国内希少野生動植物種
2008年 「京都府絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する条例」における指定希少野生生物

 

関連資料LINK
●京都府亀岡市のアユモドキ生息地における大規模開発に関する緊急要請
http://www.fish-isj.jp/iin/nature/teian/130312.html

(日本魚類学会 2013.3・12)
●京都府および亀岡市に対し、京都スタジアム(仮称)の整備計画に関する意見書を56団体合同で提出
http://www.wwf.or.jp/activities/2016/12/1349516.html

(WWFジャパン 2016.12・26)
●亀岡市都市計画公園及び京都スタジアム(仮称)建設影響評価に関する緊急意見書
http://www.wwf.or.jp/activities/2017/02/1354302.html

(WWFジャパン 2017.2・1)

PAGETOP