税金の使い方それでいいの?

  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • スタジアム問題トップへ
知一(ともかず): お金の関係はどうなの?

かみね史朗: 土地代を合わせて総工費は、200億円を超えるって言われてるよ。これ全部税金です。

知一(ともかず): ひゃー! やっぱり高いんですねぇ!

かみね史朗: 実は、このお金についても、「税金使っちゃダメ!」っていう請求が住民から、京都府と亀岡市に出されているんだ。それだけ住民が納得していないという事だね。
お金の詳しい話は、スタジアム建設を進める文化スポーツ部を所管する委員会に所属している山内議員に聞いてみよう。
山内さ~ん

日本共産党京都府議 山内よしこ: は一い!
実は、このお金の中には、前の予定地の購入費14億円と、新しい予定地の購入代43憶円が含まれているんです。
知事がトップダウンで予定地を決めた挙句、問題があって使えなかったから新しい土地も買わなくちゃいけなくなったの。しかも、京都府は最初「土地を無償提供する」っていうことを、予定地選定の条件にしていたのに、その条件もなかったことにしちゃってる。
ニ重にも三重にも問題アリね。

それは

予定地購入額の図

知一(ともかず): う~ん
なんだか問題だらけだね….。

かみね史朗: しかも…
実はこのスタジアム、作った後は民問の会社に運営は丸投げする予定なんだ。府民が幅広く利用できる施設が求められているのに、そんなことしたらどうなるかわからない。府民がちゃんと利用できるように府が責任を持つべきだと思うんだ。
知一(ともかず): そっかぁ。
プロが試合をするスタジアムで、僕たちもサッカーできたら最高だけど、難しそうだなぁ。
僕が住んでいる京都市内は、特に身近なスポーツ施設が無いから、ちょっと期待してたけど。っていうか、こんなことになっているなんて全然知らなかった!

かみね史朗: みんなが知らないうちに進められていることも問題だよね。やっぱりこの計画は、いったん中止して、府民みんなから愛されるスタジアムをどう作るのか、ちゃんと考える必要があるよね!
写真1
亀岡スタジアム問題現場ウォッチング

写真2
スタジアム問題を考える学習・懇談会

PAGETOP